読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらさらら

☆日常の出来事を思ったままに☆

考えさせられる事

今日、高校の時の同級生が遊びに来たの。今日遊びに来る予定だったから、いつものように朝カーブスに行って、気分爽快!!
でね、お昼頃に来るって言ってたから、「お昼何食べようかなぁ〜」って思いながらトレーニングしてたんだよね。そしたら途中でメールくれたみたいで、我が家で「ほか弁」食べる事に決定!!


3人で会うのは久しぶりだったから、お弁当食べながらの話題には事欠かない。
ずーっとしゃべりっぱなし♪私、こういう時間が結構好きなんですよね。まったりしてるって言うか、気を使わないって言うか・・・一緒に居ても楽でいられるって本当に素敵な事だと思うんです。


でね、また珍しいお友達から電話が来たの。近くにいるんだけど、お邪魔していい?って。うちに同級生が2人来てる事を話して、気にならなかったらどうぞって話したら、うちに遊びに来てくれたの。
話すのも、会うのも久しぶりだったから、これでまた結構盛り上がり♪涙流して笑ったりしてたんだよね。


でもね・・・・


ちょっと気になる事が・・・


いつも元気で、パワフルで、活動的だった友達。体調悪くしてたらしいの。それ聞いて、とってもショックだった。
話好きで、明るくて、どんな時でも頑張ってるお友達が辛い思いをしてたなんて・・・・
なんだか心が痛い。まだ若いのに、私と年齢いくらも違わないのに・・・・血栓ができちゃったんだって。
ちょっぴり後遺症が残ってる。それは私にもすぐわかったの。


なんか、すごく、考えさせられた。
自分のことではないから言えるのかも知れない。けど、なってしまった病気は仕方がない。仕方がないって言うと冷たいようだけど、でも、どうする事も出来ない。過去には戻れないし、現実として受け入れなくてはならないんだから。でもね、未来は変えられると思うの。これからどう生きていくか、どう生きて生きたいかって言う事は、自分自身で決められることなんだと思うの。
今更、病気がなかったことには出来ない。でも、今以上に悪くならないようにする事は出来るんじゃないかと思うの。共に生きていくっていうか・・・・綺麗事かもしれない、他人事かもしれない。理想論かもしれない。


でも、でも、でもね、命を奪われたわけじゃない。今も元気で遊びに来てくれる。後遺症といっても軽症で普通に仕事も生活も出来る。と言う事は、ありのままを受け入れて共に生きていくしかないんじゃないのかなって思うの。
自分の事じゃないから冷静に言えるのかも知れない。確かにそうなのかもしれない。
もし私だったら・・・って考えると、冷静に受け入れられるかどうかは自信がない。でも、私たちは寿命を全うするまで生きなければならないと思うの。
たとえボロボロな人生だったとしても、苦しい人生だったとしても、生きて行かなければならない。


どうせ生きていくのなら、毎日泣いて暮らすより、笑って暮らしたほうが良いんじゃないのかな。少なくても私は、この先どんなことがあったとしても泣いて暮らす事はないと思う。
心の底から笑えなくても、たとえ作り笑いだとしても、私は笑って暮らしたい。



もう二度と大切なお友達を失いたくない・・・たとえ会えなくても、どこかで元気でいて欲しい。
ただ、それだけでいい・・・
なんか、今日はいろいろな事を考えさせられた一日だったなぁ・・・


お友達の1日も早い回復を心から祈る事しかできないけど、私に出来る事があるのなら力になりたいと思うの。