読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらさらら

☆日常の出来事を思ったままに☆

斎藤さんのファン

またまた朝から雨。。。あーこの天気は、一体いつまで続くんだろうか。
3月末まで毎朝見てたローカル番組の「ウォッチン!みやぎ」この番組のレギュラーだった気象予報士の斉藤恭紀さん。私はこの人の大ファン♪なんです。
特別イケメンでもない、見た目は普通の人なんだけど、飾り気無く、スレテなく、涙もろい気さくな人なんです。
斎藤さんの天気予報は、わかりやくい上に、独自天気予報の的中率が高い♪テレビの中の人なのに、いつも視聴者目線で話してくれる本当に素敵な人なんです。


そんな斎藤さんが3月末で放送局を退社したんです。「今までは、空気を読む仕事をしてきましたが、これからは、空気を読む仕事、空気を変える仕事をしたい!!」って。


ん?もしや、これは!!


政界進出かなぁ〜?って思ってた。そしたら今日の新聞に出てましたぁ〜



次期衆議院選挙 民主党から出馬


やっぱり・・・・出るんだ・・・
いいなぁ・・・自分の信念を発揮できる場所があるんだんて。そういう環境や、人脈、周囲の応援と協力を得られるって事は、本当に羨ましい・・・・
政治の世界に興味があったり、心から未来の日本を住みよい国にしたいって思ったり、天下りや年金問題、少子化対策、農業問題などなど・・・・声を大にして言いたい事、変えたいことを普通の人間が言ったって誰も相手にしてくれない。ましてや、選挙に出たい!!などと言ったもんなら、「おかしくなっちゃったんじゃないの?」って言われて終わり。


10年ほど前からずーっと思ってた「いつか政治家になりたい!!」って。


でも、それは絶対にかなわない夢なんだろうな。地位も名誉も、知名度も、何も持たない一般人には高すぎる壁なの。だから斎藤さんが本当に羨ましい。
でも、政治家になるって事は、朱に交われば赤くなるじゃないけど、今までの気さくな気象予報士斎藤さんじゃなくなっちゃうんじゃないのかなぁ〜


私も今まで色んな政治家の人達を見てきたけど、ほとんどが選挙期間中までは、頭が低くて、気さくな人。でも当選すると。。。。あれ?こんな人を応援してたんだっけ?って自分の目を疑うほどの変わり様だった。
一夜明けると、先生になるんだもんね。ある意味、人間の汚い部分を見ちゃった気もする。
政治家は、綺麗事だけでは済まないし、民主主義の今の世の中は、多数決で物事が決まっちゃう。どんなに良い法案を出しても、どんなに良い改革案を出しても、多数決で負けてしまえば・・・
きちんとした政策論法もないまま多数決ってどうなの?しかも、意見が通らない時には、牛歩だの、欠席だの、野次暴力・・・自分が選んだ政治家がそんなレベルか・・・って思うと、どうなの?


ま、そんな綺麗事ではすまない政治の世界に新しく挑もうとしている斎藤さんを、心から応援してるんです。
宮城2区から出馬予定なので、選挙区の方!!いたら、ぜひ斉藤さんの政策に耳を傾けてあげてくださいませませ♪



最後に、今日の桜♪


ほれっ!!


もうちょっとで咲くかなぁ?