読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらさらら

☆日常の出来事を思ったままに☆

最近・・・

昨日は、連休中に急死した従姉妹の三七日。ここに遊びに来てくれる人は知ってるかなぁ〜?

中陰法要
亡くなって四十九日間を中陰と呼び、七日毎に計七回の法要を営みます。
七日目に初七日法要、十四日目に二七日(ふたなぬか)法要、以下同様に三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四十九日)法要と続きます。
初七日法要は、最近では、火葬場から戻ってすぐに精進上げと同時に営まれるケースが多いようです。
二七日から六七日にかけての七日毎の法要は、家に住職を迎え読経してもらいます。特に人は呼ばず内輪だけで営みます。 地域によっては、お逮夜といって前日につとめる場合もあります。 残された家族にとって本当に悲しくて寂しい時です。忙しくて留守がちということで省略なさるケースもよく聞きますが、お願いすればお寺に於いて中陰法要をつとめていただけます。
七回目の四十九日法要を以って満中陰を迎えるといい、俗に言う「忌明け」「喪が明ける」「壇ばらい」です。 五七日(三十五日)をもって「忌明け」とする地域もあります。 七七日(四十九日)の法要は、親戚、近親者、親しかった友人を招きます。

私の住んでる地域では、初七日法要、十四日目に二七日(ふたなぬか)法要、以下同様に三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四十九日)法要と続くんだけど、法要と言っても、大々的に毎回供養膳を用意するんじゃなくて、近親者で営んだり、近隣の人達や友人達が来てお墓参りをしてくれたりしてるんです。
また、四七日と六七日の法要は、この辺ではやらないのが特徴かな。なぜかというのは・・・わからないんだけど。


昨日は11時にマミーと一緒に従姉妹の家に行ってきました。
いまだに信じられない状況なんです。現実なのか、夢なのか、わからない。病院にも行き状態もわかってる、火葬にも行った、お葬式も初七日法要も行った。でも、実感がない・・・
遺影をみてもピンとこない・・・まだ私は現実を受け止められないでいる。


あんなに悲しかったのに、あんなに寂しかったのに、なぜか実感がない。
ちーちゃんの死をきちんと受け入れられるまでには、まだまだ時間がかかりそう・・・
こんな私を見て、ちーちゃんなんて思うだろう・・・


きっと・・・


「ちゃんと現実を見なきゃ駄目だよ」って言われるのかなぁ〜


でも、実感がわかない・・・