読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらさらら

☆日常の出来事を思ったままに☆

どんなに頑張っても

最近、身近な人の死に接する事が多くて、いろいろ考えさせられるのよね。
人生80年っていうけれど、きっと長いようで、あっという間の事なんだろうなぁ・・・・


マミーも今年「古希」を迎えたんだけど、まだまだ元気♪
でも、一緒に出かける度に「マミー年取ったんだなぁ〜」って感じるときがあるの。「去年までは、もっとシャンシャン歩いていたのに、なんか歩くの遅くなったなぁ」って毎年思う。

古希祝いとは数え年で70歳の長寿のお祝いです。
古希の由来は唐の詩人、杜甫の曲江詩「人生七十古来稀」にちなんでいると言われています。
古希祝いの場合、色は紫色がしきたりです。古希からは長寿祝いとして家族で祝ったり、親族、知り合い等も呼んで古希祝いを催す場合もあります。

あら!大変!!
マミーのために何も宴を開いてないっ!!紫のものねぇ〜マミーの誕生日は4月3日。あーとうに過ぎてる・・・


そうだ!!
札幌にいる妹が今年の夏に帰省するならば、一緒にお祝いの宴でもしてあげようかな?


私は、マミーと仲が良い。一緒に出かけることも結構あるの。お互いに言いたいこと言い合って、その時は「もう!何でわかんないのかなぁ〜」って思ったり、「もう知らない」って思ったりしてても、次の日には電話したりして仲直り。親子なんだけど、何でも話せる頼もしいマミーなんです。


私は、どんなに頑張ってもマミーを超すことは出来ない。
この世の中で一番愛しくて、尊敬してるのは、やっぱりマミー。40にもなって何言ってるんだろうって思われるかもしれないけど、本当にそう思ってるの。
私は、子供の頃からマミーに心配ばかりかけてきたの。悲しませたり、苦しませたり、困らせたり・・・
今思うと、なんて事ばっかりしてきたんだろうと後悔。。。


何一つ、親孝行をすることが出来ない・・・
40になった今もそう・・・何を持って親孝行というのかわからないんだけど、いつまでたっても心配ばかりかけて、一つも安心させてあげれない。


親孝行って・・・・


どれだけすれば親孝行出来たって思えるんだろうか・・・・それはきっと、一生かかっても思える事じゃないんだろうな。