読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらさらら

☆日常の出来事を思ったままに☆

これからどうなるのかしらね・・・

先日衆議院が解散し、来月衆議院選挙が執り行われることになったのよね。

テレビや新聞報道を見る度にいつもいつも思うことがあるの。

 

なぜ国会議員に定年がないの?

なぜ総理大臣になった人が未だに選挙にでるの?

地盤看板カバン・・・・2世 3世 継承政治家が当たり前のようになってるの?

 

どうしても私にはこれが理解出来ない。

例えば・・・

横綱になったらその後は引退しかない。横綱から大関に戻りますか?

企業の社長のあとは退任しかない。社長から平社員に戻りますか?

 

政治家は後進に道を譲る、世代交代ということに対して一番うとい存在のような気がします。確かに私利私欲を捨て、国民のために、日本国のためにお仕事をしたい!

この国を未来ある住みよい国にしたい!と頑張っている人達も中にはいます。

でも・・・それはきっと一部なんですよね。

初当選したときの気持ちなんてすっかり忘れて、私利私欲に溺れてる人達がほとんどなのかもしれない・・・

 

大臣経験者や長老と言われる権力を持った議員。

この人達に物言えますか?悪い事は悪いと言えますか?

確かに若ければ良いってことじゃ無い。経験があるからこそ出来ることもある。

でも・・・そろそろ世代交代は必要なんじゃないかしらね。

 

人間は弱くて、時には権力や金銭になびくこともあるのかもしれない。

本当は右に行きたいのに、左と言われたから左に行く。そういう人が多いのかもしれない。白を白と、黒を黒と言える人間の方が少ないのかもしれない。

 

私自身・・・白と黒だけじゃないって事も知っている。時にはグレーになったり、

ピンクになったりすることもあることも知っている。

長いものに巻かれたいと思うこともある。

でもそれじゃ何も変わらない!それじゃダメなのよ!

 

十人十色・・・顔が違うように、性格も考え方も違って当然。それをどう歩み寄り、調整し、よりよいものにするのかが大事なことじゃないのかしらね。

 

政党政治を否定する訳じゃない。

宮城に住んでる私は、東日本大震災という未曾有の出来事を経験し、

人間の弱さも、強さも身をもって経験した。

復興復興と言いながらも、未だに進んでないのも現状。

与党も野党も、お互いに揚げ足をとることが今必要なことなの?

なぜ歩み寄り、よりより日本を作ろうとしないの?

私利私欲や自己評価ばかり気にするの?

 

出来ない理由を並べることはとても簡単な事。

出来ない理由を並べる前に、どうしたら出来るのかをもっと考えて欲しい。

そして・・・初当選したときの熱い思いを思い出して欲しい・・・・